200年以上続く大崎上島の伝統行事で、国土交通省の「島の宝100選」に選定されています。地区ごとの小型木造船(櫂伝馬)に水夫(かこ)が乗り込み、「報恩栄弥栄弥栄(ホーオンエーヤエーヤエー)、宝来栄弥歳の歳々(ホラヨヤサノサッサ)」のかけ声と太鼓で調子を合わせて漕ぎ、速さを競い合います。櫂伝馬は水軍船の中で最も速度の速い「小早」が原形とされています。大崎上島はかつての小早川水軍の将、忠海賀儀城主、浦宗勝率いる備中船手衆の中の「大崎衆」の記録が歴史として残っています。櫂伝馬の資料は、大望月邸「海と島の歴史資料館」に展示されています。また、櫂伝馬競漕は6月の旅する櫂伝馬、7月下旬〜8月上旬の木江十七夜祭、ひがしの住吉祭で見ることができます。体験乗船も行われるので貴重な木造船、歴史的文化価値のある櫂伝馬に触れるチャンスです。

櫂伝馬競漕(かいでんまきょうそう)

お問い合わせ
大崎上島町観光協会
〒725-0231 広島県豊田郡大崎上島町東野6625-61
TEL.0846-65-3455(9:00〜18:00)
FAX.0846-65-3522
関連情報
木江十七夜祭
ひがしの住吉祭
旅する櫂伝馬

旅する櫂伝馬は大崎上島から宮島までを航海する他に類を見ないイベント!要チェック!