大崎上島は、橋の繋がっていない瀬戸内の島。フェリーに乗り込み、
瀬戸内海の島なみ風景を眺めるゆったりした船旅をお楽しみながらお越しください。

瀬戸内海の中央に位置する広島県「大崎上島」は広島県にある島です。本土とは橋で繋がっていないためフェリーで渡り訪れる島です。本土からフェリーで通う人も多く、毎日の生活の中に穏やかな瀬戸内の海を眺める景色がある島です。

北は中国山地、南は四国山地に挟まれた瀬戸内海は、年間を通して気温と湿度が安定しています。温暖な気候に恵まれたこの島は、柑橘の島としても知られています。柑橘などの農業が盛んであることから、食品加工業もありたくさんの特産がああります。

また、穏やかな瀬戸内海では、造船業も盛んで日常の中に船が見える風景が特長的です。古くから造船で栄えた歴史があり、海にまつわる伝統文化や祭り、史跡が今も残こっています。国土交通省「島の宝100景」に選定される「櫂伝馬競漕(かいでんまきょうそう)」があり、神事や伝統文化、木造船にまつわる歴史や建物が今も残っています。

室町時代に開基された薬師如来像が祀られた薬師堂などがある「神峰山(かんのみねやま)」は信仰の山としても親しまれ、瀬戸内海国立公園に指定されていて、瀬戸内の歴史をかいま見ることができます。

大崎上島は、落ち着いた雰囲気が過ごしやすいことから、生活しやすい島として内外から親しまれています。

多くのフェリー便がある大崎上島、広島側からは竹原、安芸津からが便利です。四国側からは今治からフェリーが出ています。また自転車ツーリングの聖地と知られるしまなみ海道からは、大三島よりフェリーが出ています。ツーリングのちょっとした寄り道に、宿泊休憩のポイントにご活用いただけます。とびしま海道からは、大崎下島よりフェリーが出ています。いろいろな旅のプランに「大崎上島」を織り交ぜたら、きっと楽しい旅になります。